ズレてて面白雑多な研究記録

『振り回されない生き方』について好き放題考える

【羽田空港国内線の安い朝食グルメ】第一ターミナルビルでの朝食におすすめの3店舗

吾輩はぬこ将軍である。旅行の時は、出発予定時刻の1時間以上前に駅や空港に着いていたい性格である。

大きく余裕をもって到着し、朝食もゆっくり堪能したりくつろいでいたい。


しかし朝が早すぎると、まだオープンしていないお店もあったりする。コンビニなら手軽に済ませるが、せっかくなら駅や空港の食事処を利用したい。そんな人も意外と多いのでは?


そこで今回は『羽田空港での朝食にオススメのお店』について3店舗紹介する。

ゆっくりできる所だし、3店舗とも1000円以下で食べられるし、意外とボリュームがあったりするのでお腹も満足する

ちなみに第一ターミナルビルの場合である。他のターミナルビルについてはちょっと待ってて欲しい。後日行ってみるので。

羽田空港で最も早い時間から最も安く朝食を取れる『東京シェフズキッチン』

f:id:nukoshogun:20180902191411j:plain

早朝に出発しなければいけない時の朝食はココである。

早朝5時45分からオープンしている東京シェフズキッチンは他のどのお店の朝食よりも金額が安いのではないだろうか?


ちなみに店内で最も安いご飯メニューは『たまごかけご飯』の390円

f:id:nukoshogun:20180902191943j:plain

このたまごかけご飯だが、そこそこ大きめの茶碗に盛られたご飯と味噌汁とだし醤油のセットである。

その他の余計な惣菜は無い。


値段に対してボリュームはなかなかあるので、コスパはかなり良い方である。

f:id:nukoshogun:20180902192633j:plain


たまごかけご飯以外にもきつねそば(630円)やトーストセット(490円)など、バリエーションが豊富な上に値段も安い(全て1000円以下)ので、早朝に出発する人はここで落ち着いて朝食をとるのはいかがだろう?

元々フードコートだけに席数は170席と多いので、混雑で座れないということは滅多にないと思われる。


東京シェフズキッチンは羽田空港国内線第一ターミナル地下一階の中央にある。

f:id:nukoshogun:20180917192856j:plain

東京シェフズキッチン | ショップ&レストラン | 羽田空港国内線旅客ターミナル

羽田空港で贅沢な卵ご飯が食べたいなら『赤坂うまや うちのたまご直売所』

f:id:nukoshogun:20180902193931j:plain

朝の8時から営業している。ここも1000円以下で朝食が食べられる。

メニューは高級褐色たまごと呼ばれている『うちのたまご』を使用した『たまごかけご飯(550円)』『たまご丼(550円)』『親子丼(750円)』の3つと少ないが、その質は高い。


たまごかけご飯は卵2個及びご飯2杯まで550円で食べられる。そしてご飯の量は大盛り・普通・少なめから選べる。

この値段でそのボリュームなので素晴らしいコスパといえる。


一方たまご丼と親子丼では、九州の有名な『うちのたまご』を贅沢に使用しているだけあってフワフワトロトロである。

実際にたまご丼を食べてみたが、非常にフワフワなたまごを体感できた

f:id:nukoshogun:20180902195718j:plain

フワフワなたまごに、更に生卵が1つ付いてくるのだ。もうタマらん!


調味料など加えなくても味が付いており美味しいが、カウンターに置かれている3種の醤油と2種のお漬物で味を変えて楽しむことも出来る。

出発前の朝に少し贅沢な朝ご飯を食べたいなら『うちのたまご』に寄ることを検討してみよう。

ただ人気店であるのと店内が狭く席数が14席と少ないためか並んでいることが多いので、寄るなら時間に余裕がある状態で。


『赤坂うまや うちのたまご直売所』は羽田空港国内線第一ターミナル地下一階にあり、京急線の改札を出て少し歩いた右側にある。

f:id:nukoshogun:20180917194301j:plain


ここではうちのたまごを使用したミニケーキが販売されているので、お土産にもおすすめである。

f:id:nukoshogun:20180917200321j:plain
引用:赤坂うまや うちのたまご直売所(羽田)

うまや|赤坂うまや うちのたまご直売所(羽田)

パンとコーヒーで羽田空港の朝をゆっくりくつろぎたいなら『ヴィ・ド・フランス羽田空港店』

f:id:nukoshogun:20180902200724j:plain

うちのたまごの向かいにあるパン屋さん。朝6時15分からオープンしていて、席数は43席と結構多い(ちなみに完全禁煙である)。

パンの種類が豊富で、どれも美味しそうで頻繁にどれにするか悩んでしまう。


ちなみに羽田空港店には『羽田空港限定小倉あんパン(147円)』が販売されている。

f:id:nukoshogun:20180917200715j:plain
引用:食べログ


ヴィ・ド・フランスではパンと一緒にコーヒーなどの飲み物がセット販売されているので、コーヒーで目を覚ましつつ出発までゆっくり過ごしたい人にはココが適しているだろう。


『ヴィ・ド・フランス羽田空港店』は羽田空港国内線第一ターミナル地下一階にあり、『赤坂うまや うちのたまご直売所』の向かいにある。

f:id:nukoshogun:20180917195248j:plain

食べログ - ランキングと口コミで探せるグルメサイト
*ヴィ・ド・フランス羽田空港店で検索

羽田空港の朝グルメから、旅の始まりを

f:id:nukoshogun:20180901123821j:plain

今回紹介した店舗は以下の3店舗である。

  • 東京シェフズキッチン
  • うちのたまご
  • ヴィ・ド・フランス羽田空港店


吾輩としては、せっかく羽田空港に来たのなら朝食はコンビニとかで済まさず、店舗内で美味しい朝食を食べつつ出発までゆっくり過ごしたい。

ゆっくり朝食をとっていると、体力的にも精神的にも余裕が生まれる。その余裕が、これから始まる旅を良いものにしてくれる


3店舗の詳細は以下を参照。⇓

東京シェフズキッチン | ショップ&レストラン | 羽田空港国内線旅客ターミナル

うまや|赤坂うまや うちのたまご直売所(羽田)

食べログ - ランキングと口コミで探せるグルメサイト
*ヴィ・ド・フランス羽田空港店で検索


静かなカフェでくつろぎたい人は以下の記事も合わせて読んでみて欲しい。

【国内線で静かに過ごしたい時も】羽田空港国内線で時間をつぶしのに便利なカフェ - ぬこ将軍のひとり冒険の書