ズレてて面白雑多な研究記録

『振り回されない生き方』について好き放題考える

仕事ができない人ができる人に生まれ変わるための方法を、ビジネス書から提案してみた(その3)

f:id:nukoshogun:20191009225932j:plain

残業を減らして自分だけの時間を作るためと意気込んでも、ビジネス書で紹介されている仕事術を全てマスターするのは難しいですよね?

新しいスキル習得が難しいなら、今の良くない習慣をやめるという発想をしてみるのはいかがでしょう?


今回は『仕事ができない人ができる人に生まれ変わるための方法』を、ビジネス書から具体的に考えて提案してみようと思います。

先日ネットサーフィンをしていたら以下のような記事を見つけました。

suits-woman.jp

上のニュースでは『仕事ができる人がやらない3つの習慣』について書いています。そこでそれらの習慣を止めるためのより具体的な方法、つまり「記事で書かれていることを実現するためにどうするか?」をこの記事ではビジネス書から考察して提案していこうと思います。

  • 新しく仕事術やスキルを身に付けるのは正直しんどい
  • どう考えても非効率的な習慣をやめたい

そういった悩みを持つ方は、良かったら読んでみて下さい。もし仕事ができる人になれば今までより仕事を楽しく感じるかもしれませんし、ひょっとしたら上司や周囲のあなたに対する評価が良い方向に変わり心地よい職場になるかもしれません(*'▽')


仕事ができない人ができる人に生まれ変わるために止めるべき3つの習慣

f:id:nukoshogun:20191007220007j:plain

ここでもう一度、今回題材とするニュース記事を載せておきます。

まだそこに時間をかけているの?仕事がデキる人が「やらない」3つのこと - Suits-woman.jp / スーツ | 働く堅実女子のお悩み解決サイト


仕事ができる人がやらない(つまり、今すぐやめるべき)習慣は次の3つのようです。

  1. 自分でなくてもできることはしない
  2. 一喜一憂しない
  3. 最初から全てを理解しようとしない

これら3つの習慣を止めるためには具体的にどうすべきか?それをビジネス書をもとに考えて提案していこうと思います。

今回はその3ということで、最後の3.『最初から全てを理解しようとしない』を実現するための方法について書きます。

その1はコチラ⇒仕事ができない人ができる人に生まれ変わるための方法を、ビジネス書から提案してみた(その1) - 天ゆる~天下一ゆるいライフハックを実践するブログ~

その2はコチラ⇒仕事ができない人ができる人に生まれ変わるための方法を、ビジネス書から提案してみた(その2) - 天ゆる~天下一ゆるいライフハックを実践するブログ~

ビジネス書から考える、仕事ができない人が変わるための方法『最初から全てを理解しようとしない』

f:id:nukoshogun:20191009225932j:plain

最初から全てを理解しようとして仕事に取り組むことは、『いきなり100点を目指すこと』だとも言えます。しかしいきなり100点を目指すような仕事の仕方で、上手くいった試しが僕はありません


最初から全てを理解しようとすることが仕事のスピードまたは効率を下げる理由は以下の2つと考えられます。

  1. 自分が100点だと思った時点で初めて上司に報告するから
  2. 100点だと思った時点で報告するので、上司もフォローしようがないから

業務改善・オフィスコミュニケーション改善士であり『職場の問題地図』の著者でもある沢渡あまね氏は、いきなり100点をとろうとする人は手戻りが多いと本書内で解説しています。「100点満点!」と思っているのは本人だけで、実際は上司からダメ出しの嵐を食らって最初からやり直す羽目になることが多いようです。

それでその結果、自分も上司も揃って残業。そんなことは嫌ですよね?(;'∀')

参考文献

『最初から全てを理解しようとしない』の実現方法①

ではどうすればよいのでしょう?『職場の問題地図』著者である沢渡あまね氏は、『ポンチ絵を描く』ことを推奨しています。ポンチ絵というのは機械などの製図で使われる言葉で、下書きのイメージ図です。これを仕事に当てはめると以下のようなものが該当するようです。

  • プレゼン資料や報告書のレイアウト
  • 会場設営のための会場レイアウト
  • マニュアルにおける目次の項目と図表・テキストの配置イメージ

要するに、仕事を受けたらまず最初に『ポンチ絵』を書くことで大まかなイメージが掴め、上司とのすり合わせにも役立つのです(*'▽')

自分も最初は全てを理解しようとしてずっと1人で考え込み、いつも仕事に遅れが生じていました。「ポンチ絵を書いていれば、昔も残業続きではなかっただろうに・・・」と後悔しています(笑)

『最初から全てを理解しようとしない』の実現方法②

『職場の問題地図』著者である沢渡あまね氏いわく、『報連相のタイミングを設計・合意する』のもポイントのようです。

前項で説明した『ポンチ絵』を描いた後に、上司と「いつ、どのタイミングで何を報連相するか?」を決めておくことで『大きな手戻りを防ぐ』効果があると解説しています。


適当なタイミングで上司と打ち合わせることで大きなミスを防ぎ、円滑に仕事を進められるということですね(*'▽')

いきなり100点を目指して自信満々に報告したら大幅修正を要求されるって事態よりずっと良いと思うのですがいかがでしょう?

『最初から全てを理解しようとしない』の実現方法③

最後に、さらに集中力を上げてあなたの仕事のスピードを速める方法を紹介します。『ピリオダイゼーション』というものです。

ピリオダイゼーションというのは元々はスポーツトレーニングで使われている用語で、『目標までの時間をいくつかの期間に分け、それぞれの期間ごとで違うトレーニング行う方法』だそうです。

それを仕事に応用すると、『仕事を細かい作業に分け、各作業に期限を設ける』ということになります。


これは心理実験で明らかになった、『人は期限が見えないと集中できない』という傾向を利用したものだそうです。

期限を設けないことの愚かさ、自分も経験しているのでよく分かります。

参考記事:【できない仕事を変え、時間管理にも有効!_その2】ほぼ定時退社を実現して充実した人生にするコツ - 天ゆる~天下一ゆるいライフハックを実践するブログ~


時間に追われるのは気持ちの良いものではないですが、期限を設定することで集中できますし、定期的に報連相することで最終的に仕事は効率よく進むのではないでしょうか?

そうすることで今までよりも仕事を早く片付けられ、今まで以上に余裕のある時間が増えると自分は考えています。

この記事の参考文献