ズレてて面白雑多な研究記録

『振り回されない生き方』について好き放題考える

【超簡潔な本の要約付き】すぐ読んで実践できる3冊~休日に少しだけ引きこもり本を読むならコレ!~

f:id:nukoshogun:20191230020542j:plain

新しい知識を身に付けたいなら、本が良いです。しかし本を読んで知識を得ても、実践(アウトプット)できなければ意味はありません。

「休日にサクッと読めてすぐに実践できる内容が書かれた本」と言われたら、僕はこの3冊をオススメしたい。


今回は『すぐ読んで実践できる3冊の本』を紹介します(*'▽')

本のジャンルは『仕事・心理学系』です。

「休みの日に特にすることがないから本でも読んで、生活に役立つ知識を身に付けようかな」と思った方は参考にしてみて下さい。


また「読書したいけど読み終わるのに時間がかかりそうだし、読んですぐに実践したくなるものが良い」という方のために、すぐに読み終えることが出来てなおかつ読みながらでも実践・検証できる本を3冊紹介したいと思います!


きっと読んでいるうちに面白くなってきて、翌日からでも試してみたくなることでしょう(*'▽')



【知識がつけば意識や行動が変わる】すぐに読めて実践しやすい本3選

f:id:nukoshogun:20191230000556j:plain

多くの会社員を変えた『ゼロ秒思考のメモ書き』を即マスターできる1冊!


僕の今までの生活や働き方を大きく変えたのがこの本でした。ゼロ秒思考のメモ書きを知ったのがきっかけとなり、僕は『何か思いついたらすぐに紙に書き出すこと』を強く意識し実践するようになりました。


世界的有名企業のマッキンゼーで働き、今はベンチャー企業支援や大企業の変革に携わっている赤羽雄二氏が書いたこの本では、ゼロ秒思考のシンプルな原理の話とメモ書きの方法、そしてメモ書きを活用した応用事例について説明してくれています。

基本的なメモ書きのルールさえマスターしてしまえば読み終えなくてもすぐに実践出来てしまうので、「とにかく短時間で人生に役立つ実戦的な知識を身に付けたい」という方には一押しです!


僕の場合は『何か思いついたらすぐに紙に書き出すこと』を強く意識し実践したことで、頭の中でよく起きていた思考の堂々巡りが劇的に減り、行動を早く起こせるようになりました

ゼロ秒思考のメモ書きは計画を立てたり資料の構成を考えるのにも有効ですし、日頃のモヤモヤやストレスを発散させるにも効果的です。

参考記事

【誰も傷つかないストレス・イライラ発散方法】紙とペンがあれば1分で出来るストレスマネジメント - ズレてて面白雑多な研究記録

【シーケンスのバッチ処理でもあり明日の自分のためのセーブ&ロード】自己管理と目標達成をラクにするためのノート術 - ズレてて面白雑多な研究記録


購入する場合は以下の画像リンクをクリック

心理学の研究に基づく100の知識を仕事や人間関係のトラブルに応用できる1冊!


僕が心理学の研究をネタに記事を書くきっかけになったのがこの本です。正式名称は『図解 モチベーション大百科』


この本では、仕事や日常生活における目標設定や意思決定、人脈つくりや自己管理等に関する知恵を、心理学の研究に基づいて紹介してくれています。その数おおよそ100種類!

人によって役に立つ知恵もあれば関係の薄そうな知恵まであるので、サッと一通り読んでみて自分が気になる箇所をピックアップするのが良さそうです(*'▽')

興味を惹かれる知恵はホントに面白いと感じられると思うので、読んだらすぐに実践したくなること間違いなしです!

モチベーション大百科には役に立つ知見が多いですが、例えば以下の3つの記事に書かれている内容です。

nukoshogun.hatenablog.com

nukoshogun.hatenablog.com

nukoshogun.hatenablog.com


もし興味が湧いて購入したいと思ったら以下の画像リンクをクリック

人の内面や最近流行りの社会現象の正体を知り実生活に生かしたいなら、サクッと読めるこの1冊


先ほど紹介した『図解 モチベーション大百科』と内容が少し被る所がありますが、こちらの本はよりイラストや図が多いので直感的に理解しやすく、内容も社会現象や集団、職場や個人の心理と幅広く解説しています

1つの項目を、解説文とイラストで見開き1ページでまとめてくれているのでサクサク読み進められ、まさに『眠れなくなるほど面白い』内容です(*'▽')


図解 モチベーション大百科もこちらの『眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学』も、心理学の知識を誰が読んでも分かりやすいように解説してくれているので、読んだその日から試したくなったり、知識としてつけておくことで今までよりも少しだけ心に余裕が持てることでしょう

眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学には仕事以外の場面でも使えるネタが多く載っています。中でも、以下の記事で書いた内容は個人的に面白かったです。

nukoshogun.hatenablog.com

nukoshogun.hatenablog.com


もし興味が湧いて購入したいと思ったら以下の画像リンクをクリック

【たくさん本を読むほどいいのか?】本を読むなら1冊だけからでも良い説

以上が、すぐに読めて実践しやすい本3選です!

『ゼロ秒思考』は最初の2つ3つの章をサッと読めばすぐに実践したくなります。

『図解 モチベーション大百科』と『眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学』は1つ1つの項目が見開き1ページ以内で完結するので読みやすく、『眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学』は本自体が薄いので半日あれば読み終わります。

サッと読めるからといって内容が薄いというわけではなく、それでいてすぐに実践したくなるものばかりです(*'▽')


むしろ最初から内容が濃いものを選んだり、たくさん本を読むことが最良の選択とは僕は考えていません。

理由は単純で、『内容の濃い本を読むのに時間をかけていると行動が遅くなるから』です。ちなみに、読書量と年収の高さは必ずしも一致しないようです

参考記事

nukoshogun.hatenablog.com


まずはサッと読めそうな本から始めて、より深く学びたいと思ったら同ジャンルの他の本を探してみるのが良いのではないでしょうか?