ズレてて面白雑多な研究記録

『振り回されない生き方』について好き放題考える

【心理実験から見る行動指針】人生を変えるため、より早く立ち直るための思考法

f:id:nukoshogun:20191211002153j:plain

仕事やプライベートで何かしらミスがあったとき、あなたはどれくらい落ち込みますか?

そりゃあ僕もかなり落ち込みます。でも、とあるコツを知ったおかげで今までよりは立ち直りが早くなったと思います。

つまづいても、石のせいにしている場合じゃないんだ。


今回は『より早く立ち直るための思考法』を、心理学的に考えてみたいと思います。

この思考法、今後の人生の過ごし方すら変わる可能性がある大切な行動指針ともとれるのではないかと自分は考えています。


「失敗すると、必要以上に落ち込んでしまいなかなか立ち直れない・・・」という方は良かったら読んでみて下さい。

意識して考え続ければ、いつの日にか今までよりも立ち直りのスピードが速く感じる日が来ます(*'▽')

基本ネガティブ人の僕でも少しマシになったのだから。。。



【複数心理実験から】少しでも早く立ち直り、今までの人生を少しでも変える行動指針

たとえ落ち込んだとしても少しでも早く立ち直るには、『「なぜ?」ではなく「どうする?」を考える』ということを意識したほうが良いそうです。

つまり、『理由』よりも『目的』に思考を集中すること。これは、複数の心理実験から示唆されています。


①心理学者ヤーコブ・トローペ氏とニラ・リーベルマン氏の心理実験

被験者である学生たちにアンケート調査をお願いする。3週間以内にアンケートの回答を送れば謝礼を渡すと伝えてある。

Aチーム:日記を書く、銀行口座を開く、旅行をするなどの10個の行動を見せて、「人はこれらの行動をなぜするのか?」という理由を書いてもらう。
Bチーム:日記を書く、銀行口座を開く、旅行をするなどの10個の行動を見せて、「どのようにすればそれができるか?」という具体的な手順を書いてもらう。

Bチームの学生は、Aチームの学生とくらべて、平均10日早くアンケートの回答を送った。


②とある経営コンサルタントが行ったという心理実験

経営者たちにお願いし、自社の従業員に「今の仕事について面白さを感じていますか?」という質問をしてもらう。

その中で、「仕事は面白くないし、面白く出来るものではない」「自分の仕事はいくら工夫をしても意味がない」といった悲観的な回答をした従業員たちに、さらに2パターンの質問をしてもらう。

パターン1:「なぜそのような仕事観を持っているのか?」
パターン2:「そう考えることで、仕事にどう役立っている?」

パターン1の質問を受けたほとんどの従業員が「仕事は面白くないものだ」という自分の考えに固執した。

一方、パターン2の質問を受けたほとんど従業員はメリットがないことに気付き、そのうちの一部は「どうすれば、仕事を面白く出来るだろうか?」を考え始めた。

①の心理実験からは、『理由を考えていると行動が鈍り、「なにをすべきか?」に意識を向けると具体的な行動をしやすくなる』ということが示唆されます。

また②の心理実験からは、『人の考えは理由をたずねると強化され、目的をたずねると軟化する傾向がある』ということが示唆されます。


このことから、『目的に意識を向けると思考が切り替えやすくなり行動も早くなる。しかし理由に意識を向けるといつまでも同じ思考にこだわり行動が鈍くなる』ということが言えないでしょうか?

「なぜ?なぜ?Why?Why?」といつまでも理由を考え続けるのではなく、原因が分かったらすぐに「どうする?How?」を考えることに意識を向けることで頭も切り替えられると僕は思います(*'▽')

f:id:nukoshogun:20191210235513j:plain
宇宙一バカなお侍様だってこうおっしゃっています。

どうしても「なぜ?」を沢山考える人、頭がモヤモヤする人の処方箋

「そうはいっても簡単には変えられないし、理由をどうしても考えてしまう。」

確かにその通りです。僕もすぐに変われたわけではありませんし、次の一手を決めるには原因や理由は考える必要があります。


ここで言いたいのは、「いつまでも理由に固執しているとなかなか立ち直れない」ということです。特に、頭の中だけでぐるぐる考え続けていると結論が見えにくいし、先に進めません

先に進むためには、『0秒思考のメモ書き』が個人的にオススメです。自分が考えていることを紙に書き出すことで思考が整理でき、「今後どうするべきか?」も自然と見えてきます(*'▽')


日頃のストレスを和らげるのにも効果的なので、良かったら以下の記事も参考にしてみて下さい

【イライラしたときやストレス対処法に是非!】誰でも10分くらいで出来るストレスマネジメント - 実に面白い雑多な研究記録


自分の性格の嫌なところの対処法については、以下の記事も参考

nukoshogun.hatenablog.com

この記事の参考文献