ズレてて面白雑多な研究記録

『振り回されない生き方』について好き放題考える

【集団の救世主か悪魔か?】心理学から考察する、職場を改善し会社に変革を起こせる意外な性格

f:id:nukoshogun:20191105004744j:plain

「何かずれてるよね?」、「空気を平気でぶち壊す人だよね」

ずれた発言が多い僕ですが、最近はその個性を生かして頑張ればいいや!と考えられるようになりつつあります。


今回は『心理学から考察する、職場を改善し会社に変革を起こせる意外な性格』について書きます。

何か大きなことは集団で話し合って決めることが多いと思いますが、「全然見当違いな発言で場を凍らせたらどうしよう・・・」とか「何か喋るといつも和を乱すから発言は控えよう・・・」と考えてしまい発言を控えることはありませんか?


しかし集団の流れに身を任しても必ず良い方向へ結果が向くとは限りませんし、違うことを発言することは案外重要な役割を持っているようです(*'▽')

この記事の結論は、「ジョーカー(道化師)かもしれないけど、ジョーカー(切り札)になる可能性もある」です。



【いつの間にか生じる同調圧力】本当は怖い集団の心理

社会心理学者であるソロモン・アッシュが行った同調行動実験により、人間はそもそも『多数派の行動や意見に同調しやすい傾向』があるようです。

・アッシュの同調行動実験

1枚のカードに書かれた線と同じ長さのものを、別のカードに書かれた3本の線から選ぶという実験。
参加者は8人で、そのうち7人はサクラなので被験者は実質1人。

被験者はサクラ7人の回答を聞いたあと、8番目に答える。問題自体はひとりしか居ない状態なら正解率99%であるが、サクラ全員が間違った回答をした場合、被験者の誤答率は32%にも上昇した

つまり、『普通なら間違えようのない問題でも、全員が別の回答を選ぶとそれに大きく影響される』ということです。

そして集団のメンバー間の結び付きが強いほど、人に「和を乱したくない」という気持ちが働いて同調しやすくなってしまうようです。


みんなの結束が強い傾向にある職場内での会議なのに、結束が強いがために無意識に湧いた同調圧力によって違う意見が出にくい。なんて皮肉なのでしょう(;'∀')

さらに集団の心理の状態というのは恐ろしく、集団のメンバー間の結束が強いほど、自分達で決めた意見を過信し、外部の意見を軽視・無視する傾向があるそうです。。。

とりあえず集団の流れに身を任せ、なんとなく正しそうな意見に従い仕事や行動をしていたら、思わぬ結果にテンションが急降下。そんなことに心当たりはありませんか?

心理学から考察する、職場を改善し会社に変革を起こせる意外な性格とは?

そんな集団の同調圧力に抵抗できる唯一の人間、それが『空気の読めない(読まない)性格の人』なのではと考えられます。

先述したアッシュの同調行動実験ですが、サクラの中で必ず正解を答える人が居た場合、被験者の誤答率は5.5%にまで低下したという結果出ています。

つまり、『集団の中に1人だけ違う人がいれば他の人も意見が言いやすくなる』ということです。


ちなみに討論のテクニックの1つとして、多数派に対してあえて反対意見を述べる『悪魔の擁護者』というものがあります。誤った集団決定を防止し、再検討するきっかけとして重要な役割といえるのではないでしょうか?(*'▽')

また多数派に対して自分の意見の影響を強めたいなら、『一貫した意見を持つこと』が必要であるとモスコヴィッチのブルー/グリーンパラダイム実験から示唆されています。

さらに意見以外で多数派との共通点があり仲間意識を持ってもらえていることも必要なようです。


外資系の大手コンサル会社マッキンゼーの元人事マネージャーであり『生産性』の著者でもある伊賀泰代氏は、「マッキンゼーではみんな他者の仕事にあれこれ口を出す」と本書内で述べており、『アドバイスの目的はチームの生産性を上げるためだと全員が理解しているので、嫌な思いなどするはずない』という考えがあるそうです。

空気を読まずにあれこれ言うと敬遠されるかもしれませんが、自分の発言で何か方向性が変わるなら、他の誰かが発言しやすくなるなら、たとえマッキンゼーに勤務している社員レベルの能力が無くても、間接的かもしれませんが職場を改善し会社に変革を起こす人になれると思うのです(*'▽')


「何かずれてるよね?」、「空気を平気でぶち壊す人だよね」

ずれた発言で苦笑いされることも多い僕ですが、「それは集団の同調圧力に対抗しやすいとも言えるし、誰かが発言しやすくなるきっかけになるんだ」と考えてからは、「個性を生かして頑張ればいいや!」と考えられるようになりつつあります。


以上、「ジョーカー(道化師)かもしれないけど、ジョーカー(切り札)になる可能性もある」という話でした。

その他参考記事【地道だけど無理なく影響力を高める方法】性格変わらず、職場の雰囲気壊さず、人間関係でも孤立はしない - 実に面白い雑多な研究記録

この記事の参考文献