ズレてて面白雑多な研究記録

『振り回されない生き方』について好き放題考える

【androidの人用のコツ一覧】スマホのフリック入力が出来ない時に設定・確認すべき項目

吾輩はぬこ将軍である。最近ようやくスマホのフリック入力が安定してきたのである。

フリック入力とは、指をスライドさせて文字を入力する方法だが、皆さんは上手く出来るだろうか?


「急いで入力すると意味不明な文章になってしまう・・・」

「フリック入力難しいから、ガラケーのトグル入力(ケータイ入力とも言うらしい)に戻すしかない・・・」


フリック入力でよく間違えてしまうから苦手だ!という人は結構多いのでは?

今回は『フリック入力が出来ない時に設定・確認するべき項目』について書いていく。

フリック入力は慣れれば、トグル入力よりもずっと早く文章を入力できるようになるので、諦める前にスマホの設定を変えてみて欲しい。


*吾輩がandroidスマホなので、解説はandroidの人向けであることをご了承ください。

フリック入力が出来ない時に最初に確認してほしいこと

f:id:nukoshogun:20180929011744j:plain

まず確認してほしいのだが、フリック入力を始める際に母音の位置は把握できているだろうか?

母音の位置を把握できていないと頻繁に誤入力が起こってしまう。


f:id:nukoshogun:20180929012118j:plain

上の画像の通り、『あ』は中心で、『い』は左『う』は上で、『え』は右『お』は下である。

フリック入力が出来ない時に見直したい2つの設定項目

f:id:nukoshogun:20180929012317j:plain

その1:フリック入力出来ない時は感度を設定する

あなたがフリック入力出来ないのは、もしかしたらあなたの指の動きの癖とスマホの感度の相性が悪いからかも。

スマホのフリック入力の感度が良すぎると、ちょっとした動きで自分が意図していない文字になる

またフリック入力の感度が低すぎると、あなたの指の動きにスマホが付いていけず、これまた違う文字になる


全然フリック入力が上手くいかないと感じたら、まずはキーボードの入力設定から感度を調整してみよう。

吾輩はスマホキーボードは『POBox Plus』というものを使っているので、別のキーボードアプリを使っている人は別の操作手順になると思うがご了承いただきたい。


まずキーボードの画面から設定画面へ行く。次に『キーボードと入力操作』をタップし、そこでフリック入力の感度調整が可能である。

f:id:nukoshogun:20180929012713j:plain

f:id:nukoshogun:20180929012906j:plain

f:id:nukoshogun:20180929013230j:plain

あとは自分の普段の指の動きに合わせて感度を調整すればいい。個人的には、ゆっくりフリック入力をする人は感度は低くても問題ないと思う。

その2:フリック入力出来ない時は片手入力モードに設定してみる

「感度を設定したけど、やっぱりうまくいかない・・・」

そういう人もいる。その場合、意外と手指の動きに無理があるかもしれない


指をいつも以上に伸ばして入力しようとしていることはないだろうか?また、気付かないうちに手のひらがキーボードのボタンをタップしている可能性もある。

片手でフリック入力をやりがちな人は、デフォルトのキーボードよりも『片手モード』のキーボードに設定してみてほしい。


全てのキーボードアプリにあるかは分からないが、POBox Plusを使っている人なら、キーボード入力画面の『スマホを持っている手のアイコン』をタップすることで簡単に片手モードに移行できる。

f:id:nukoshogun:20180929013652j:plain


全体的に右側に寄っているのは右手入力モードで、『<』のアイコンをタップすると左手入力モードに変更できる。

f:id:nukoshogun:20180929014325j:plain


『>』をタップすれば右手入力モードに戻る。

f:id:nukoshogun:20180929014626j:plain

上のみたいな箇所をタップすればデフォルトに戻るのである。


普段のスマホの持ち方に応じて片手モードも検討してみて欲しい。

それでもフリック入力がなかなか上手くいかない時

f:id:nukoshogun:20180929014758j:plain

今までガラケーの独自の入力方式でやってきた人もいるだろうし、フリック入力には多少の慣れが必要だと思う。

なかなかフリック入力が出来ない時は、無理に指での入力にこだわらずにタッチペンの併用を検討してみてはどうだろうか?

タッチペンを持ち歩くという条件が付いてしまうが、指入力よりは正確に入力できる


最近では伸縮式のタッチペンもあるので、携帯性も改善されている。ストラップ代わりにぶら下げておくと便利だと思うのである。


吾輩は一時期、自分のスマホに伸縮式のタッチペンをストラップ代わりにつけていたことがある(どこかで落としてしまい紛失したが・・・)。