ズレてて面白雑多な研究記録

『振り回されない生き方』について好き放題考える

【パソコンよりも紙とペン!】仕事が遅いと言われた時、改善したい時に試してほしい3つの『紙に書くこと』

吾輩はぬこ将軍である。思い立ったら紙に書くことを意識している。


仕事中などに、ふとパソコンやスマホ画面の前で手が止まっていることはないだろうか?

手を全く動かさず、ひたすら頭の中だけで考えていて、気付いたら無駄に時間だけが過ぎていく

吾輩も昔はそんなことが多々あったが、今はそういう状態は全くない。


今回は『紙に書くことで達成できること』について書いていく。

実際に手を動かして紙に書くという作業は、デジタルツールが沢山ある現代とは一見逆行しているように見える。

しかし、紙に書くという習慣をつけることで仕事の遅い状態を改善できるということを知った。


普段、いつも頭だけで考えてなかなか前に進めない人の参考になれば幸いである。

【パソコン作業にはない効果が沢山!】紙に書くことでどんなことが出来るの?

f:id:nukoshogun:20181105192308j:plain

「パソコンやスマホがあるのに、自分の手でせっせと書くなんて時間がかかるし面倒だ!」と思う人もいるだろう。吾輩も昔はそうだった。

しかしある本を読んだことをきっかけに紙に書く習慣を身に付け、そこから生活が大きく変わった。


その本についてはあとで紹介するとして、ここでは紙に書くことで達成できることについて書いていく。

新しい仕事のスケジュール管理方法が分かり、段取り下手も克服!

f:id:nukoshogun:20181105193124j:plain

「この仕事はどうしようかな~、まずあれをやって・・・いや、その前にこれをやらないとか!?」

「昨日はどこまでやったんだっけ?・・・あれ?昨日決めたのに、まず何をすれば良いのか思い出せない!」


こういうことはないだろうか?紙に書いておけば良かったのに、自分の記憶だけに頼っているとだいたい碌なことが無いのである。

紙に書く習慣を身に付ければ、仕事のスケジュール管理が楽になる

スケジュール管理ができると、出社後すぐに仕事に取り掛かれる。

参考記事

nukoshogun.hatenablog.com


そして1つの仕事に対してやるべき作業をどんどん書きだすことをすれば『仕事の分解』ができ、下手くそだった仕事の段取りも少しずつ出来るようになってくる


頭の中だけで色々考えて手を動かさないのは、すごく勿体ないことだと思ったほうが良い。

仕事のスケジュール管理や段取りについては、以下の記事で紹介している本が大変参考になるので、良かったら読んでみて欲しい。

会社員・学生が段取り力をつけて自分を変えたいならこの本!【頭のいい人の段取り書評】 - ぬこ将軍のひとり冒険の書

ノートの上でなら、日頃の思考が簡単に整理できる!

f:id:nukoshogun:20181105194607j:plain

「頭の中で色々考えていたけど、気付いたら何について考えていたのか分からなくなった・・・」

「日々色んな情報を受け取る中で、大事なことを忘れてしまう事がある・・・」

そんなことはないだろうか?


人間は日々多くの情報を受け取るが、それらはいったん脳内のワーキングメモリ(作業台みたいなもの)に短期的に記憶される。

しかし短期的な記憶なので、意識して覚えたことでも長時間経つと忘れてしまう

吾輩も昔はよく自分の記憶に頼りっきりであまりメモをする習慣が無かった。だから大事なことであってもふと忘れてしまうことがあり、そのせいで上司に怒られることもよくあった。


大事な情報を長期的に記憶したり、思考を整理したいなら紙に書くのが便利である。

手を動かす事で脳が活性化されるし、文字として残るので忘れにくく、いつでも情報を引き出せる

紙に書くことで今までよりも頭がスッキリでき、大事な情報はすぐに引き出せるようになった!


思考整理については、以下の記事で紹介している本が参考になる。

【若手社員必読!生産性が高い人の思考整理のキホンの書評】思考整理+論理的思考も身に付けられる本 - ぬこ将軍のひとり冒険の書

ストレス発散ができないって人でも、紙の上に吐き出せばストレス発散になる!

f:id:nukoshogun:20181105200707j:plain

「上司に怒られたり、頭の整理がついてないのに次々と指示がくるのが嫌になる・・・」

「仕事が遅いのを改善したいけど、このモヤモヤを晴らさないと集中できない!」


ストレスを我慢して溜め込んでも何も良いことは無いのである。しかし、そう簡単にストレス発散できる時間がないというのが現実でよくあることだろう。

そんなあなたに、すぐできるストレス発散方法をここで書こう。


『イライラしてたりモヤモヤしている感情を、言葉が思いつくままに紙に書く』である。

ただし、周りに知り合いがいない所でやることを推奨する。

その代わり、どんな暴言も書いて問題ない。どうせあなた以外は誰も見ないから


「うるせーな、あのくそ上司!」とか「もう会社なんて辞めてやるよ!」とかでも良い。とにかく紙の上に感情を吐き出そう

書き切ってすっきり出来たら、今後の改善策をゆっくり考えよう!


実は、吾輩が紙に書く習慣をつけたのはこれがきっかけである。紙に好きなだけかくことで頭がすっきりとし、別の事を考えられる面白さに気付いたのである。


ちなみに、吾輩に紙に書く習慣を教えてくれたのは以下の本である


紙に書くことの面白さや効果に気付けるし、考える力を身に付けたい人にも是非おすすめの本なのである。

参考記事【考える力を鍛えるはじめの一歩におすすめの本】ゼロ秒思考を読んで自分が変わり始めた話 - ぬこ将軍のひとり冒険の書

手が止まって仕事の進みが遅いと感じたら、紙とペンを用意しよう!

f:id:nukoshogun:20180911210700j:plain

以上が、仕事が遅い時に試してほしい『紙に書くことで達成できる3つのこと』である。

もう一度書くと以下の3つである。

  • 新しい仕事のスケジュール管理方法が分かり、段取り下手も克服!
  • ノートの上でなら、日頃の思考が簡単に整理できる!
  • ストレス発散ができないって人でも、紙の上に吐き出せばストレス発散になる!


パソコンやスマホとにらめっこする時間があるなら、今すぐ考えていることを紙に書き出してみて欲しい。


特に仕事のスケジュール管理や段取りが下手な人は、以下の本で勉強するのもおすすめである。