ズレてて面白雑多な研究記録

『振り回されない生き方』について好き放題考える

【深夜の温泉は最高に快適!】神奈川横浜での深夜ドライブの行先は『万葉倶楽部横浜みなとみらい』で決まり!

吾輩はぬこ将軍である。たまーに深夜の静かな道をドライブするのが好きである。

深夜の道は走りやすい。そして、深夜ドライブで横浜へ行くときは決まってとある場所に立ち寄る。


今回は『神奈川横浜の深夜ドライブにオススメのスポット』について紹介する。

そのオススメスポットは温泉でありながら夜遅くまで入浴でき、屋上からの眺めも素晴らしい


「深夜のドライブが好き!」という人や「静かな環境で温泉に入りたい」という人は是非行ってみてほしい。



【深夜3時まで3000円以下で入浴可能!】深夜の『万葉倶楽部横浜みなとみらい』は快適

f:id:nukoshogun:20190624204711j:plain
深夜でもキラキラ光る大きな建物

深夜のドライブは意外と気持ちが良い。いつもは賑やかな街が深夜だけは静かになり、人気も減るので車も走行しやすい。繁華街の横浜も人がまばらになり、みなとみらいの大型ショッピングモール『ワールドポーターズ』も深夜は明かりが消える。

しかし、深夜にもかかわらず明かりが点いている大きい建物がある。それが複合温泉施設『万葉倶楽部横浜みなとみらい』である。


実は万葉倶楽部横浜みなとみらいは24時間営業で、温泉は深夜3時までなら2500円(税別)で入浴可能なのである。

ちなみに深夜3時以降は別途深夜料金がかかる上に深夜3時半~早朝5時までは清掃が入るため温泉は利用できない。たとえ深夜といえど、ゆっくり静かな温泉に漬かるなら深夜2時くらいまでには受付を済ませたい。

【また深夜にドライブしたくなる】深夜の『万葉倶楽部横浜みなとみらい』の癖になる魅力

深夜の温泉は人が少なくてゆっくり温泉を堪能できる

f:id:nukoshogun:20190624205523p:plain

「せっかく温泉に来たのに、人が沢山いたから落ち着いて温泉に浸かれなかった・・・」

そんな経験をした人は多いのではないだろうか?特に週末は人が多くて、万葉倶楽部横浜みなとみらいも団体客や家族連れで賑わうため落ち着いて温泉を満喫などできやしない。


しかし深夜になると家族連れや団体客が一気に減るので、静かな環境でゆっくり温泉を満喫できる

夜空を眺めつつ露天風呂に浸かるその最高の瞬間を、あなたも体感してみてほしい!

f:id:nukoshogun:20190624210555j:plain


横浜みなとみらいを見渡せる足湯テラスもほぼ独り占めできる

f:id:nukoshogun:20190624211129j:plain

深夜帯は家族連れも団体客もカップルもほとんど居ない。なので、万葉倶楽部横浜みなとみらいの屋上にある『足湯テラス』もほぼ独り占めできてしまう

深夜1~2時を回るとすぐ近くにある観覧車のライトアップが消えてしまうが、みなとみらいの港方面はまだ明るいみなとみらいを見渡せる風景を一人で堪能しつつ足湯に浸かるのもまた、深夜の温泉の楽しみ方の一つだと思う。

f:id:nukoshogun:20190624213640j:plain


万葉倶楽部横浜みなとみらいで静かにゆったり寛ぐのにベストな時間帯は?

f:id:nukoshogun:20190624213225j:plain

このように深夜の温泉は一人でゆっくり寛ぐのに最適であり、横浜で深夜ドライブするならオススメの温泉スポットである。

では、何時頃が静かにゆったり寛ぐのにベストなのか?というと、個人的には深夜0時~1時くらいに受付するのがオススメ


深夜0時くらいになると家族連れやカップルは少なくなり、宿泊客や一人客がメインになる。そうなると館内の混み具合はガクッと落ちて落ち着いた環境になる。より静かな環境を求めるなら深夜1時くらいに行くのが良いと思う。

深夜2時だと、別料金が発生&掃除が始まる3時まで1時間しかないので案外ゆっくりできない

なので、『万葉倶楽部横浜みなとみらい』で深夜の温泉を満喫したいなら深夜0時~1時くらいに受付するのがオススメである。


万葉倶楽部横浜みなとみらいには大きな駐車場も完備されており、万葉倶楽部を利用する人は7時間600円である。

その他万葉倶楽部横浜みなとみらいの詳細については以下の公式サイトを参照

www.manyo.co.jp


万葉倶楽部横浜みなとみらいの全体的な魅力については以下の記事も参考にしてほしい。

【温泉・観光・遊び・買い物なんでもOK!】横浜みなとみらいの万葉俱楽部とその周辺は最高の癒し1人旅スポット - ぬこ将軍の奇まぐれアウトプット